トップページ>うつべのできごと>かわらばん>2014年


長寿会がラジオ体操


 波木が丘町長寿会では地域住民に呼びかけ5月7日から中公園において早朝ラジオ体操を始めました。

 ラジオ体操は、400以上ある体中の筋肉を徐々にまんべんなく動かしていて、続けることで基礎体力をつけ、病気になりにくい体つくりに役立つといわれています。 
  これまでも、夏休みのこどもラジオ体操には一緒に参加していたこともあり、朝の散歩のついでにできるのでまずやってみようとの意見があって始めたところ、初日から30名近くの人が集まり、計画した長寿会役員の方も驚いていました。

 内部地区では既に北小松町で行われていて、釆女町北部でも計画中とのことです。ラジオ体操の輪が広がり、内部地区まちづくり活動の一つに育ってほしいものです。

(2014年5月8日 社協広報部が取材しました)


ページトップ

前のページに戻る